学生時代、富士フレッシュマンでドライバー兼メカニック!これがきっかけで、91年チームTEAM TAKE ONEで、レース業界へ。
F−3000、Gr−C(NISSAN R90CP)、N−1シビックで、メカニックとして鍛えられる。翌年Gr−A E30 M3、3台のM3を担当。
94年JTCC E36 318iと、GT ポルシェ993をこなす。第1回十勝24Hレースはきつかった!


その後、チューニング業界“マインズ”へ。32・33のGT−Rをメインに開発担当する。

98年再びレース業界!スーパーアグリカンパニーで、GT−500 ARTAスカイライン チーフメカニックを勤める。
99年よりマインズに戻りR34スカイラインを手掛ける。マインズ開発部長を経て、自分の夢を求めて2002年独立する。
 

独立後、レースとチューニング業界の両立(レースでの最先端技術を一般チューニングへフィードバック)をコンセプトに、
エビスサーキットの草レースから、JAF選のワンメイクレース、茂木JOY耐、世界選手権のニュル24時間レース、全日本GT選手権まで
メカニック〜エンジニア、総監督までいろいろなチャレンジを続け、お客様の夢をかなえるべく、日々勉強しております。
などと言いつつも、ニュル24時間は大好きで08年までに6回も参加してきております。毎年、来年も行くぞ〜!と模索している・・・
 

この様に、生粋の技術者上がり!顔も広いので(でっかい?)どんなことでも相談してくださいね。

   

Dr.Watanabe's Trip Report